あのキャッシング会社の電話なしという噂は本当?

モビットってネットで申し込めるの?

「ああ、今月ちょっとピンチだ、どうしよう」「急に友達の結婚式に行くことになったけどお金が足りない」とか、「車が故障して、修理代が思ったより高くて払えないかも」とか、ほんとにちょっとしたピンチですが、お金が足りなくて困ることってよくありますよね。でも、来月のボーナスが来れば賄える、とか、貯金はあるけど、できれば崩したくないとか、そういうことってよくあると思います。
そんな時、皆さんはどうしますか?誰かにお金を借りる位なら貯金を崩そうとか思うかもしれませんが、ピンチは一度や二度ではないはずです。その度に貯金を崩しますか?それとも誰かにお金を借りますか?そんな都合のいい相手はめったにないでしょう。
そういう時のためにあるのが消費者金融です。しかし、なぜ消費者金融は利用しにくいイメージがあるのでしょうか?
それは、消費者金融が「金貸し」だからです。
お金を貸す以外のサービスはありません。消費者金融を利用しているとわかれば、イコールお金に困っているのだと思われるからです。
しかし、モビットの「WEB完結申込」で申込めば、申込から借入まで、モビット ATMへ行くこと無くすべての手続きをホームページ上で済ませることができ、自宅で誰にもバレずに、お金を借りることができます。従来のスタイルであった、無人契約機に行く必要はありません。しかも、電話での確認もないし、キャッシングカードも発行されませんので、郵便物のやり取りも一切ないのです。このサービスを利用すれば、好きな時間に、好きな場所で、消費者金融の利用ができるというわけです。
ちなみに、このWEB完結申込にはいくつかの利用条件がありますので、ご注意ください。三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている方か、社会保険証もしくは組合保険証を持っているであれば、利用できます。
モビットは、消費者金融の中でも、決して金利は安い方ではありませんが、審査のスピードや、申し込みの安全性などを考えると、非常に便利なサービスであることは、間違いありません。

posted by 管理人 in 消費者金融 and have No Comments

住宅ローンならレイクよりも専用ローンがあるバンクイック

住宅を購入したい、増改築をしたい。
そんなときの借り入れ先としてレイクを考えるのであればお待ちください。
大きな金額を借り入れるときで、さらにその目的が明確になっているのであれば専用のローンを使った方が安心です。
例えばバンクイックがある三菱東京UFJ銀行。
バンクイックも三菱東京UFJ銀行のローンの一つではありますがこちらはフリーキャッシングです。
金利や返済方式、返済方法の違いはあっても基本的な仕組みはレイクのフリーキャッシングとは変わりません。
三菱東京UFJ銀行にはほかにもローンが用意されており、カードローンだけでもバンクイックのほかにマイカードプラスがあったり、目的別ローンも細かに分かれています。
目的が決まった借り入れは金利が優遇されています。
住宅の購入や増改築のためであればやはり住宅ローンを選ぶとよいでしょう。
固定金利や変動金利の選択肢はありますが、住宅を購入するほどの金額になりますので一般的には30年以上の返済期間となります。
その長い返済期間の中で金利がどのくらい影響を与えるかと言えば普段の借り入れに考える金額とは比較にならないものです。
借り入れ金額や金利、返済期間や毎月の返済額を考えても金額が大きくなる分より慎重に考えなくてはなりません。
それほどの大きな金額をはたしてノーローン審査やフリーキャッシングで賄えるのかと言えばそもそもレイクでも最高限度額が500万円になりますので難しいと言えるでしょう。

posted by 管理人 in キャッシング and have No Comments

キャッシングローン申し込みから契約までの流れ〜1〜

近年、多彩なキャッシングローンのお金を借りる申し込み方法を用意する金融機関が増え、ユーザーにとっては選択肢が増えたことで利用しやすくなりましたが、初めてキャッシングローンを申し込む方にとっては、申請すべき項目はどのくらいあるのか?手続きは煩雑か?など色々と不安もあることと思います。
ですが、申請項目はさほど多くありませんし、手続きもそう面倒なものではありません。高額融資を希望する場合は収入証明書が必要になることもありますが、銀行キャッシングローンの申込みであれば通常100万円以下の場合(銀行によっては200万円超える融資を希望する場合収入証明書が必要など各銀行規定によります)本人確認書類のみの提出で済むことが多いです。
消費者金融へキャッシングローンを申し込む場合は、総量規制の関係で申し込み金額50万円超え&他貸金業者借り入れを含め融資希望額が100万円を超える場合は収入証明書が必要ですが、それ以下の申し込みであれば(特別な場合を除き)提出書類は本人確認書のみです。
ちなみに、店頭窓口、電話、インターネットなどキャッシングローンの申し込み方法は色々とありますがどの方法で申し込んでも申請すべき内容や確認される内容は同じですし、審査内容・審査基準もほぼ同じ(金融機関によっては申し込み方法によって在籍確認を免除するところもあります)です。ここでは、今主流となっているインターネットからのキャッシングローン申込みから契約までの流れを説明したいと思います。

posted by 管理人 in お金 and have No Comments

消費者金融の女性をターゲットにしたキャッシング

消費者金融のキャッシングは男性に限らず女性の利用者も増えているようですが、特に女性をターゲットとしたキャッシングサービスをおこなっている消費者金融も多く見られるようになりました。
「レディースキャッシング」は、その名称通りOLや主婦の皆さんが安心して利用することができるキャッシングで、専用回線のオペレーターはすべて女性が対応するというサービスで、男性オペレーターが応対するときとちがい、女性ならではの相談も安心して何でも聞けるというところにメリットがあります。
レディースキャッシングで申込をしてみようと思っている主婦もおられるかと思いますが、消費者金融を利用するためには収入が必要になるのでパートやアルバイトで収入を得ている兼業主婦は消費者金融でキャッシングができますが、無収入の専業主婦が利用するためには配偶者の同意を得なければなりませんし、専業主婦がキャッシングするところは限定されてしまいます。
そのため専業主婦が消費者金融を利用してキャッシングすることはかなり難しくなりますが、銀行カードローンなら年収に関係なくキャッシングが可能で、収入のない専業主婦であっても審査に通ればキャッシングができます。
銀行カードローンの中には専業主婦専用の商品を扱っている銀行もあるので、そちらを利用すれば安心してキャッシングができます。
女性向けのキャッシングとは言っても通常の借り換えカードローンおすすめキャッシングサービスと変わりはなく、通常のキャッシングを利用するときと同様に返済計画を立てて無理のない返済を続けることが重要になります。

posted by 管理人 in 融資 and have No Comments

キャッシングってクレジットカードからもできますよね?

キャッシングと聞くと、皆さんはどんなことを思い浮かばれますか?
お金を借りること……?ですよね。でも、よく考えてみると、お金を借りる方法にはいろいろありますが、家族や友人からお金を借りても、「キャッシング」とは言いませんよね。また、銀行からお金を借りるのにも、「キャッシング」とは言いません。
と考えると、今日中キャッシングの仕方としては2種類あります。1つは直接金融業者から借りる方法と、そしてもう一つは、クレジットカードを通してカード会社から借りる方法の2つがあります。消費者金融から借りる時には、申し込みをしてから「審査」が必要です。しかし、クレジットカードでキャッシングをする時には、「審査」は要りません。なぜなら、クレジットカードを持っていること自体が、すでに審査に通っていることになるからです。
しかし、クレジットカードからのキャッシングの場合は小額しか借入はできません。もともと、クレジットカードは、買い物をする時に使うものです。高額のモノで、現金の持ち合わせがない時の肩代わりとして、クレジットカードを使ったり、現金の支払いが面倒な時にも使います。ですので、お金を貸すためのカードではありません。従って、クレジットカードのキャッシングは、ほんのおまけ程度と考えましょう。
それに対して、消費者金融はお金を借りるための期間です。ですので、当然クレジットカードより、多くの金額のキャッシングが可能です。が、その分、借金をするという、マイナスなイメージが強いこともまた、事実です。

posted by 管理人 in 融資 and have No Comments

消費者ローンで今すぐお金を借りる

今すぐお金が必要な場合、借入先の候補として真っ先に挙げるのが、消費者金融です。
消費者金融が扱う、消費者ローンは、主にカードローンとしてお金を借りることができます。
カードローンであれば、お金の使い道(資金使途)は自由ですし、いつでも借入限度額の範囲内でお金をかかることができます。
すぐにお金が必要なときに、消費者金融をおすすめする理由がは、審査のスピードです。
お金の借りる先には、銀行などの金融機関も挙げることができますが、審査に時間がかかってしまうのが難点といえます。
その点、現在の消費者金融は審査が柔軟に行われ、即日融資の対応力も備えています。
インターネットを利用すれば、基本的に24時間365日申込が可能です。
自宅に居ながら、自分の都合に合わせて利用ができますので、忙しい方にはぴったりです。
申込に必要な書類(本人確認資料・収入証明書など)もパソコンに取り込んで送信することができます。
審査のスピードは、最短で30分程度で結果が返信されてきます。
普段の生活の中では、お金をあまり持っていないときに限って、急な出費が重なってしまうことがあります。
そのような時に備えて、いつでもお金を借りることができるように、消費者金融であらかじめ契約をしておく、ということも、一つの方法です。
もちろん、せっかく契約したカードローンを、ギャンブルや遊びのお金に使ってしまうことのないようにしねくてはいけません。
この点を注意しておけば、いざというときの保険の意味合いでも、消費者ローンは有効的であるといえるでしょう。

posted by 管理人 in 融資 and have No Comments

キャッシングの消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融や銀行カードローンを含めて個人がお金を借りる方法としてキャッシングがありますが、消費者金融のキャッシング 即日と銀行カードローンはどこがちがうのでしょう。
融資限度額から比較すると、消費者金融は貸金業法の総量規制で融資限度額は年収の3分の1以下という制限があり、融資限度額は年収に影響を受けます。
たとえば年収が300万円とすると融資限度額は最大でも100万円になりますが、初回申込時は多くても50万円までが限度で、限度額を100万円にするには、事故なく返済を続ければやがて増額申請ができるようにり、増額申請を重ねていくと限度額を100万円まであげられます。
銀行は総量規制の影響を受けず銀行独自の審査をおこない、審査に通ればいくらでも融資をすることができるので、本人の属性により初回申込時の限度額が100万円以上になる場合もあります。
金利面の違いを見ると、消費者金融の金利は大手消費者金融に限らずほとんどのところが上限金利18.0%前後になっていますが、銀行はそれぞれの銀行で独自の基準を設けているため上限金利が9.8%といった超低金利のところもあれば上限金利17.8%といった銀行もあります。
消費者金融は審査が通りやすく、審査スピードがはやいことから即日融資が受けられますが、銀行は審査がきびしく、そのために時間がかかるといった違いがあります。
こういったことから、審査が通りやすくお金を急ぐときは消費者金融で、金利が安く安心感があるのは銀行カードローンと言われています。

posted by 管理人 in 消費者金融 and have No Comments

無利息ローンを利用するメリット

無利息ローンは、改めていうまでもありませんが一定期間「利息がゼロ」になるローンです。もちろん、無利息期間であっても1ヶ月に1回、もしくは〇〇日ごとなど予め決められた支払日に最低返済額を支払っていくことになりますが、無利息期間中は利息がかからないので返済した分は全て元金に充当されることになります。ですから、無利息期間のないキャッシング・ローンの返済と比べると元金の減りが全然違います。これは、即日融資可能な消費者金融を利用するうえで大きなメリットといえます。
しかし、無利息ローンを利用するメリットは何もこれだけではありません。給料日まで数日間だけ借りたいなど短期間の借入れならば利息ゼロで済むのでわざわざ定期貯金を崩したり、生命保険を担保に借入れをおこすよりもお得ですし手続きも簡易な場合が多いです。
また、どの金融機関を利用しようか迷っているといった時に、無利息ローンを利用して試しに借りてみてサービス内容を確認したり、金融機関のレスポンス・対応などを確認することもが出来る、といったメリットもあります。
それから、無利息ローンを推奨する訳ではありませんが、お金に困っていなくても手数料無料で利用できるコンビニATMなど提携ATMが多い無利息期間のあるカードローンを作っておくことで自分の通帳からお金を引き出すために時間外手数料をかけるよりもお得&ATMの時間外手数料を節約することが出来るなど一定期間内「利息ゼロ」という以外にもメリットがあります。

posted by 管理人 in お金 and have No Comments

キャッシングはネットで便利に!

インターネットの普及は、私達の生活を大きく変えることになりました。
むしろ、インターネットが無い頃の生活を考えられないという方も多いのではないでしょうか。
それほどの存在感を示すインターネットは、あらゆる分野で活用されています。
キャッシング業界についても同様のことがいえます。
今や、インターネットを活用したキャッシングサービスは、必要不可欠のものとなっています。
自宅に居ながら申込から返済まで完了させることのできるキャッシングを、「インターネットキャッシング」と呼ぶまでになっています。
インターネット事業資金 即日キャッシングを活用する際に、便利なものがあります。
まずは、携帯電話、しかもスマートフォンがあれば利用できる幅が広がります。
携帯電話の回線を利用することにより、どこでもキャッシングが便利に活用できます。
携帯電話のカメラ機能も、身分証明書を写真で取って送信するなど、利用価値があるものです。
また、インターネット銀行、ネットバンキングの口座を準備しておきましょう。
キャッシングで借りるお金を即振込し、確認することができるネットバンキングは、キャッシングとの相性も抜群といえます。
返済管理も自宅に居ながらできますので、お持ちでない方は、ぜひ開設しておくようにしましょう。
インターネットを利用したキャッシングは、パソコン入力が苦手な方でも安心して利用することができます。
案内された項目に従って操作するだけですので、特に入力の勉強などは必要ありません。
簡単な検索の技術を取得しておけば、さらに活用できる幅が広がるのではないでしょうか。

posted by 管理人 in 融資 and have No Comments

キャッシング&カードローン申込み時に注意すべきこと

キャッシング&カードローンを初めて申込む、という方の中には「どこに申込んだらいいか分からないので、とりあえず金利の安いところ数社に申込みをする」「CMなどでよく見かける大手なら安心だろう、と聞き覚えのある消費者金融に手当たり次第に申込む」という方がいるようですがこれはいけません。

3社もしくは4社以上続けて申込みを行うとそれだけで申込みブラックとして信用情報機関に登録されてしまう可能性があります。また、申込みブラックとして信用情報機関に登録されないとしても、申込み履歴は信用情報機関に記録として残ってしまうので、申込み先消費者金融に他社にも同時に申込みしている、と知られてしまい「借り急いでいる」「切羽詰っている」「返済能力を超える融資を考えているのでは?」といった具合に、変に勘ぐられマイナス評価に繋がってしまうことがあるので注意が必要です。

ちなみに、消費者金融の審査においてはそれぞれ独自の審査基準を設けているため、A社では審査落ちしたけれどB社では希望額どおりの融資を受けることが出来た、という話は特に珍しい話ではありません。つまり、消費者金融の利用が初めて、という方に限らず審査を受けてみなければどこが融資してくれるか、いくらの限度額を設定してもらえるかは分からりません。

ですが、前述の通り立て続けに申込みを行うとそれだけで評価は下がってしまうので注意が必要です。1社に申込んだら結果が出るまで待つ、万が一否決されてしまった場合は別のところに申込む、といった申込み方をするのがベストだと思います。

銀行カードローンの人気は金利が低いことですが、すぐにお金が必要なとき申込んでも審査がきびしいため時間がかかり、キャッシング即日融資が可能な銀行はほんの数行でしたが、最近は大手消費者金融と提携したことで、消費者金融と同程度の即日融資が可能な銀行も増えています。

以前の銀行は大企業を中心に融資をしていたため、小口金融はあるにはあったのですがあまり力を入れていませんでした。
社会が不況に入り大手企業からの収益が見込めないようになったため、小口金融に力をいれるようになりました。

貸金業法の改正以降は、消費者金融と銀行との思いが一致したことから多くの大手消費者金融は大手銀行と提携し、銀行カードローンの保証会社としてお互いのメリットを生かす方向で小口金融にも積極的に取り組んでいます。

銀行カードローンの申込条件として「当行の保証会社の保証が受けられるかた」となっているのも、消費者金融の保証がなければ審査に通らないということになっていて、これは銀行カードローンの申込の受け口として銀行があるだけで、審査は消費者金融のシステムやノウハウを利用して消費者金融がおこなうといった形になっています。
仮に返済で延滞などがあった場合、消費者金融が立て替えて銀行に融資金額を返済するため、債権は消費者金融に移り、それ以後の手続きや取り立ては消費者金融がおこなうようになります。

そのため銀行カードローンでも即日融資が可能になったところが増え、審査スピードも消費者金融並みの速さで審査がおこなわれるようになっています。

posted by 管理人 in お金 and have No Comments